未成年が銀行のローンを組むためには

銀行のローンは未成年でも組める?ローンサービスと利用者の年齢

未成年者はローンを組めない?

ローンを組む際には就業状態や収入の他、現在借金を抱えていないかといった問題も大きく関わっていますし、利用者である皆さんの年齢も重要な審査基準となっています。消費者金融のキャッシングサービスなどと比較すると、銀行が提供しているローンサービスは審査が厳しくなっている傾向があり、審査基準に満たない場合は銀行から融資を受けることはできません。

特に審査対象外となっている未成年者の場合は、例外を除いて審査に通ることができないようになっています。一般的に銀行のローンサービスは満20歳以上でなければ利用できません。また未成年者は就業状態も不安定である場合が多く、正社員として働いているとしても勤続年数がまだ少ない状態です。収入も十分ではないことから、銀行側からはローンサービスを利用するにあたって必要な「返済能力」が無いと見なされるため、銀行でローンを組むことはできないようになっているのです。

銀行のローンサービスは高額の融資を扱っている場合がほとんどですし、返済に十分な収入や就業状態でなければ、今後の返済が不可能となってしまう場合も考えられます。消費者金融の中には未成年の学生でも利用できる「学生キャッシング」などがありますが、未成年者が銀行のローンを組むことは不可能なので、あらかじめ良く理解しておきましょう。

「連帯保証人」つきでローンを組む方法

しかし、先ほども挙げたように同じ未成年者でもローンを組むことができる場合も例外としてあります。それは「連体保証人」をつけることによってローンを組むという方法です。連帯保証人とは、ローンを組む本人が返済可能であることを保証するための役割で、もし契約者本人がローンを支払えなくなった場合に支払いを肩代わりする立場になります。

主に親族が保証人となる場合が多く、未成年車の場合は父親や母親が保証人となってローンサービスに申し込むことができるようになっています。例えば、未成年者が「自動車ローン」を組むことになった場合、未成年者は一人ではローンサービスを利用することができませんから、その場合は親に連帯保証人となってもらうことによって、自動車ローンを契約することができるというわけです。

自動車ローンの支払額は決して安い金額ではありませんし、長期に渡って返済していくローンになります。そのようなことから、連帯保証人をつけていてもやはり契約者本人の就業状態や収入は大きく関係することになりますので、自動車ローンをしっかり支払っていくことができるような就業状態や収入を得ることができているか、よく考えてからローンを組むようにしましょう。

また、年齢が大きく関わっているローンサービスとしては「不動産担保ローン」など非常に高額な融資を受けることができるサービスが挙げられます。不動産担保ローンには年齢、勤続年数、そして不動産の価値などが重要な審査基準とされていますので、今後不動産担保ローンを利用することがある場合には、審査基準について冷静に考えてから申込みを決めるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加